バッチすたじおG

bachstg.exblog.jp
ブログトップ

玄米、みそ、塩

バッチフラワーレメディの総卸元、プルナマインターナショナルが発行している通信Resonance 〜共鳴〜に以下の記事がありましたので引用させて頂きます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


放射線被ばくの問題は、多くの日本人のみならず、在日外国人にとってもいますぐに対応を迫られる問題となってしまった。
どこかへ逃げることのできる人はいいが、ほとんどのどこにも逃げられない人達はいったいどうしたらいいのか?

ある本にとりあえず今すぐに、だれにでもできる有効な方法が紹介されている。
『長崎原爆記—被爆医師の証言』 (平和文庫) 秋月辰一郎がそれである。

秋月医師は昭和20年、長崎原爆で病院勤務中に被ばくした。その病院には玄米、みそ、醤油が大量に保存してあった。食糧不足のおり毎日玄米の塩むすびを食べワカメの味噌汁を飲んでいたためか、患者と医師、看護婦たちに原爆症が出なかったことが評判となった。
その体験記は翻訳され、その噂はたちまち近隣諸国に広まった。チェルノブイリ原発事故前後のミソの輸出量は明らかに、ベルギー・ドイツ・オランダ・イギリス・フランスなど欧州で増加した。

「ミソ」「玄米」「塩」は人体細胞にとって必要な、特に良質の油とミネラルの栄養供給源であるばかりでなく、それらは人が毎日とり続けている食物中に含まれる微量の放射性物質の放射能害を一部防御してくれている。
放射線は特に「陰性」の性質なので、できるだけ塩などの「陽性」のものを摂ることが必要になる。毎日の食べ物が体質を作るので、やはり普段からの食事が大事ということになってくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

More
[PR]
# by bach-studiog | 2011-04-05 21:09

セントーリー

自己主張が弱い人のためのレメディです・・
摩擦をおそれて自分をきちんと主張できない・・って誰しもが経験したことがあると思うのですが・・
「ノーと言えないセントーリー」と覚えられるこのレメディは、「自分」をしっかりと守ってくれるレメディです。
そういう意味ではウオルナットともよく似ていますがウオルナットは、環境や年齢による変化から守ってくれるのに対して、セントーリーはそれ以外の人間関係による変化から守ってくれます。

人と一緒にいてどっと疲れたりした時にはセントーリーが助けてくれます・・
[PR]
# by bach-studiog | 2009-09-06 22:39

バッチフラワーレメディ in 博多座

a0124538_22162658.jpg


ダーラへストカフェさんによる博多座出店です。
バッチフラワーレメディも出店されるということで売り子さんとして入らせてもらいました〜
私は、昔から博多座へ行って見たかったのです。
そうしたら、こんな形で入れてもらえることになって、ちょっと形は違うけど、願えば叶うとは、このことか?!経験できて嬉しい〜♪と感じたことでした。

「心のバランスを整える花のエキス」って、まだまだ、ご存知ない方も多いかもしれません・・
でも、一度知ったら、私のようにやみつきになる人がたくさん!!
これを機にもっともっと広がることでしょう・・

1936年、イギリスでバッチエドワード博士によって確立された花のエキスですが、その効用は、目を見張るものがあり、今ではヨーロッパでは日常的に多くの人に愛されています。
西洋医学の薬との併用も可能なことから、自然治療薬として、妊婦さんや赤ちゃんにも安心して使われ、病院や心理カウンセラーでも取り入れられるようになりました。
[PR]
# by bach-studiog | 2009-09-06 22:16

スクレランサス

どちらかに決められない人のためのレメディです。
決断力を強いられて、でも、決められない・・

買い物、道、その他、いろいろな場面で決断力いりますよね・・・
決めたとしてもあとまで迷いが残ったり・・・

喜びと悲しみ、悲観と楽観、鬱と躁など両極端 に揺れる感情や
気分が変わりやすい状態、乗物酔防止にもよく使われます・・

More
[PR]
# by bach-studiog | 2009-07-06 20:52

ホーンビーム

やらなくてはならないことがあるのに、一日伸ばしにしていまう状態に使われます。
それをやりこなすだけの充分なエネルギーを感じられず、ぐずぐずとスタートを引き伸ばしたりします。
オーバーワークで燃え尽きて気が抜けてしまっているような状態、躊躇などに使うことができます。

月曜病のレメディ・・私たちはそう呼んでいます・・
[PR]
# by bach-studiog | 2009-07-06 20:46